So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)

 今回の目玉人事は事業仕分けで注目された蓮舫氏。よく知る人たちも活躍を期待する。

【蓮舫氏の写真も】菅内閣の顔ぶれ

 高校時代から家族ぐるみで付き合う民主党の手塚仁雄衆院議員は「負けず嫌いでまじめな勉強家」と評する。酒が強く、「どんなに遅くまで飲んでも、翌朝5時には起きて双子の子供の弁当を作っている」。子育てと仕事を両立する姿に敬服するという。

 そんな蓮舫氏に珍しく疲労の影が見られたのが昨年11月。事業仕分けで、スーパーコンピューターの開発を巡る「2位じゃだめなんでしょうか」という発言が繰り返し報道され、批判が相次いだ。手塚氏は「かなりプレッシャーを感じていたようだが、歯を食いしばって耐えていた。鉄の女なんかじゃなく、ごく普通の女性ですよ」と話す。

 蓮舫氏が青山学院中等部1年の時の担任で現在は教頭を務める山本節子さん(59)は「とにかく明るくて、よくしゃべる子だった」と振り返る。「蓮ちゃん」と呼ばれ、人気者だった。

 山本さんは、「蓮ちゃん」がクリスマス行事の劇で、天使を演じた時のことを覚えている。セリフも動きもない役。練習が終わるとすぐに、衣装を着たまま飛び回っていた。「よほど舞台の上で天使のように舞いたかったのでしょうね」

 教え子の初入閣を「相当な努力をしてきたのでしょう」と目を細めるが、人気先行と受け取られないかが気がかり。「信頼される息の長い政治家になってほしい」と願う。【福永方人、市川明代】

【関連ニュース
中国:蓮舫氏の入閣に期待 地元紙「日中交流を促進」
蓮舫参院議員:「これだけは仕分けられない…」 台湾映画「海角7号」日本公開
事業仕分け:第2弾終了 公益法人「隠れた政府」如実に 官僚、声荒らげ擁護
都青少年健全育成条例改正案:蓮舫参院議員も200人に反対訴え

「経済成長」と「財政再建」で意見交換−民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
今後の医師養成、秋以降に検討−必要数調査踏まえ(医療介護CBニュース)
<民主>首相官邸内に幹事長室設置 連携強化狙い(毎日新聞)
<菅首相>中国訪問見送りへ 上海万博ジャパンデー(毎日新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)

傷害致死容疑で男を逮捕 足立の路上遺体 警視庁(産経新聞)

 東京都足立区の路上で23日、同区伊興の会社員、小池孝さん(40)が倒れているのが見つかり、間もなく死亡した事件で、警視庁竹の塚署は24日、傷害致死の疑いで同区梅田の会社員、照沼紀明容疑者(36)を逮捕した。同署によると、照沼容疑者は「口論になり、暴行を振るった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、照沼容疑者は23日午前7時55分ごろ、同区竹の塚の路上で小池さんと口論になり、暴行を加えて死亡させた疑いが持たれている。

 小林さんの交友関係から照沼容疑者が浮上、2人は事件直前まで近くの飲食店で酒を飲んでいたという。

 小池さんに目立った外傷はなく、検視の結果、死因は不明だった。同署は24日午前から司法解剖を行い、詳しく調べている。

【関連記事】
こぶしで祖母殴り死なす 大阪・西成で容疑の17歳逮捕
両親を傷害致死罪で起訴 1歳児虐待死事件 寝屋川
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理
相次ぐ虐待、大阪では1カ月で5件6人逮捕 我慢できぬ親、生活苦のはけ口に
堺の男児虐待死、同居男「ぐずり泣き、イライラした」
中国が優等生路線に?

<事業仕分け>宝くじ普及宣伝など28事業検討 後半2日目(毎日新聞)
<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
口蹄疫移動制限、えびの市で解除に向け感染検査(読売新聞)
心躍る個性派プリント 大阪・帝塚山発「レジィーナロマンティコ」(産経新聞)

熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)

 1歳の長女に熱湯をかけ、重いやけどを負わせたとして、大阪府警南堺署は12日、傷害容疑で母親の無職、井上夢麻(ゆま)容疑者(23)=堺市南区原山台=を逮捕した。南堺署によると「シャワーの温度を確かめずにかけてしまった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は4月上旬、自宅の府営住宅で長女の尻などに熱湯をかけ、全治1カ月以上のやけどをさせたとしている。

 南堺署によると、井上容疑者は「おしめを替える際にシャワーで洗った」と供述しているが、皮膚がめくれるほどの重傷だったという。

 井上容疑者は長男(1)、長女のほか、母親(42)と弟(22)の5人暮らし。夫とは別居している。

 堺市によると、3月の乳幼児検診で長女の顔に複数のあざが確認されたが、井上容疑者が「兄が投げたおもちゃに当たった」と説明したため、虐待とは認めなかった。

 4月13日に医療機関から「受診した女児が虐待を受けた可能性がある」と通告があり、14日に長男と長女を保護。長女は病院で治療を受けてすでに退院し、順調に回復しているという。

【関連記事】
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
妻に熱湯かけ殺害容疑で男を逮捕 福岡県警
3歳児に熱湯入りカップめんをかけ重傷負わせる 傷害容疑で父逮捕
「殴って熱湯かけた」男性変死事件で知人の男を逮捕 大阪府警
少子化を止めろ!

「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん―東京・巣鴨(時事通信)
<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)
ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
藤谷治さんのチェロ盗む=小説「船に乗れ! 」作者―励まされ涙の女逮捕・警視庁(時事通信)
介護する側を守る法とシステムの確立を(医療介護CBニュース)

酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)

 新潟県妙高市の水野文雄市議(65)が、酒に酔って市内の小学校に入り、女性教諭に暴言を吐いたとして、住民団体が起こした市議の解職請求(リコール)の是非を問う住民投票が10日午前、告示された。

 投開票は30日。有効投票の過半数が賛成すれば、水野市議は失職する。総務省行政課は「議員の酒に酔った行為を理由に解職の住民投票が行われるケースは聞いたことがない」としている。

 同市教委によると、水野市議は昨年9月30日夜、酒を飲んで帰宅する途中、市立新井中央小学校の教務室に1人でいた20歳代の女性教諭に、「体育館で何をしているのか」「おまえの対応が悪い。教師としてなっていない」などと大声でなじったという。同小では市民のスポーツ活動のために、体育館を開放していた。

 妙高市議会は昨年11月、水野市議の辞職勧告を決議。水野市議は辞職しなかったため、白川昭夫・前妙高市教育長を代表とする「妙高の安全で安心な学校を守る会」が、「市民の代表として品位や名誉を損なう行為。子供たちにも悪影響を及ぼす」として署名を始め、4月に1万人を超える有効署名を市選管に提出した。

 水野市議は、一時辞意を表明したが、撤回した経緯があり、「深く反省している。市政をただしてきた活動をアピールし、解職に賛成しないよう訴える」としている。一方、白川代表は「多くの市民の良識に期待したい」としている。

トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
「リストラされ…いざこざ」45歳男、義父絞殺(読売新聞)
子ども手当居住要件「見直していく」…刷新相(読売新聞)
<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)

刑事に失敗許されぬ=「裁判員も参考に」−元警視庁捜査1課長が本出版(時事通信)

 元警視庁捜査1課長の久保正行さん(61)が「君は一流の刑事(デカ)になれ」(東京法令出版)を出版した。久保さんは殺人などの凶悪事件を担当する捜査1課で巡査から警視正までの全階級を経験。「証拠を得るため捜査員がいかに地道な作業を積み重ねているか知っていただきたい。裁判員になったら、捜査や立証の過不足をチェックする参考にもなるはず」と話している。
 警視庁を退職後、日本航空に務める久保さん。執筆のきっかけは、全国の捜査幹部候補生対象の研修で講師を務めたことだった。好評を得て専門家向けの雑誌に連載を勧められ、「多くの先輩や仲間から受け継いだバトンを次世代に渡したい」と筆を執った。
 著書では、捜査の舞台裏を細かく明かし、すべての事件について反省点や教訓も具体的に盛り込んだ。逮捕状を取った容疑者が自殺した殺人事件は、講義や連載で取り上げなかった「最も触れられたくない事件」だったが、あえて冒頭で紹介。再審無罪が確定した足利事件などで捜査のあり方に注目が集まる中、久保さんは「刑事に失敗は許されない。わずかな妥協が思わぬ失敗につながる」と訴えている。
 本にはもう一つ、「警察の応援団が少しでも増えてほしい」という思いも込めている。事件解決には街の人の協力が欠かせないからで、「警察もそのことを忘れてはならない」と強調した。 

【関連ニュース
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】裁判員制度
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
胸に刃物、女性死亡=アパート近く路上

<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
<ネット競売>戦艦三笠の探照灯出品 10年前の盗品か 日露戦争の連合艦隊旗艦(毎日新聞)
皇太子さま 平城遷都1300年、復原の第一次大秘殿完成式典ご出席(産経新聞)
タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)

<常磐線>特急と軽トラック衝突、運転手重傷 茨城・日立(毎日新聞)

 21日午前8時15分ごろ、茨城県日立市鮎川町4のJR常磐線踏切で、いわき発上野行きの上り特急電車(7両編成、乗客約140人)が、同市大沼町3、自営業、高野安志さん(47)の軽トラックと衝突。高野さんが重傷を負った。乗客乗員にけがはなかった。

 県警日立署の調べでは、高野さんは踏切内に進入後、遮断機が下り出られなくなったという。JR東日本水戸支社によると、常磐線は午前9時半現在、福島県のいわき駅と茨城県の勝田駅の間で上下線の運転を見合わせている。

【関連ニュース
JR福知山線脱線:歴代3社長、強制起訴前に聴取せず
踏切事故:盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市
福知山線事故:JR西 漏えい防止策進ちょく状況など報告
JR脱線事故:9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート
JR中央線:武蔵小金井駅で人身事故、2万3000人影響

首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
野菜高騰 スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
<東北新幹線>八戸−新青森駅間で走行試験(毎日新聞)
JR沿線で火事 41本運休 四條畷片町線(産経新聞)
滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で−東京(時事通信)

駅ビル2人殺傷に懲役30年…控訴審判決(読売新聞)

 東京八王子市の京王八王子駅ビルで2008年7月、女性2人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた無職菅野昭一被告(35)の控訴審判決が14日、東京高裁であった。

 植村立郎裁判長は、「被告に精神の発達の遅れがあったという事情を酌むべきだ」と述べ、求刑通り無期懲役とした1審・東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役30年を言い渡した。

 判決は1審と同様、菅野被告の完全責任能力を認定したが、「2人以上の殺害を計画していたとは認められず、動機や計画性に無期懲役が当然と言えるほどの事情はない」と指摘した。

 判決によると、菅野被告は08年7月22日、駅ビルの書店で、アルバイト店員で中央大4年斉木愛(まな)さん(当時22歳)の左胸を包丁で刺して殺害。この直前にも女性客を切りつけ、重傷を負わせた。

参院大阪2人目に岡部まり氏=民主(時事通信)
生ゴミからエタノール、国内初の実用化成功(読売新聞)
4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記−自民公約原案(時事通信)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)

ニセ警官交通取り締まり、見逃しの引き換えに…(読売新聞)

 警察官を装ったうその交通取り締まりで、違反の見逃しを持ちかけて現金を巻き上げたとして、水戸署は8日、茨城県那珂市飯田建築業大津建次容疑者(59)を恐喝容疑で逮捕した。

 大津容疑者は覆面パトカーに使われているような赤色回転灯を白い乗用車に付け、警察官のニセ名刺も持っていた。

 発表によると、大津容疑者は6日午後8時15分頃、水戸市の市道で、乗用車を運転していた40歳代主婦に「春の交通安全期間中です。スピード違反ですよ」と停止を求め、自分の車に乗せた。その上で「今日のことを見逃すから、金銭的なものか、肉体的なもので、リスクを背負ってください」と困らせて現金を要求し、約5000円を脅し取った疑い。大津容疑者は容疑を認めているという。

 主婦は警察手帳を見せるように求めたが、見せなかったことなどから不審に思って大津容疑者の車のナンバーを覚えており、帰宅後に通報していた。水戸署は余罪もあるとみて調べている。

74歳男、弟殴り死なす=容疑で逮捕、「ばかにされた」−警視庁(時事通信)
車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死(読売新聞)
民主の介護議連が設立総会(医療介護CBニュース)
時効2日前に女性暴行の男を起訴 DNA鑑定で発覚(産経新聞)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。